人間の身体も酸化するからケアが大切

カットされたリンゴがすぐに茶色く変色するの稟議に含まれる物質が酸素と結びついて起きる現象、つまり酸化です。
人間の身体も同じ「参加」、つまり「廊下」へとつながる「サビ」が生じるのです。
私たちは酸素を吸い、二酸化炭素を吐く呼吸をしていないと生きてはいけません。
っしかし、三子は体にとって有害にもなるのです。
酸素はもともと不安定な分子で、体内に入るとわずかではありますが細胞に有害な活性酸素に変化してしまいます。
本来ならば細胞内に侵入したウィルスや最近から守ってくれるのもこの活性酸素なのですが、増えすぎると健康な細胞まで攻撃してしまうのです。
その結果、身体がさびてくる?
ということになるのです。

活性酸素が増える原因としては
・紫外線
・喫煙
・ストレス
などがありますが
・過度な運動
・過度な飲酒
・食品添加物
・農薬
・電磁波
などでも体内に生まれると言われています。
そこでこの活性酸素から身体を守ってくれるのが『抗酸化物質』なんです。
この抗酸化物質によって身体のさび付きを防ぐことが出来ます。
しいてはお肌の美肌効果もあるのです。
抗酸化物質はビオミン類
つまり植物が紫外線や害虫から身を守るために作り出す物質であるポリフェノール(フラボノイド・非フラボノイド)やカロテノイドに分けられます。
どんな食べ物に抗酸化物質が含まれているのか?というと
・ビタミンE
かぼちゃ、ほうれん草、アーモンド
・ビタミンC
ブロッコリー、小松菜、かんきつ類b
・βカロチン
緑黄色野菜
・アントシニアン
赤ワイン、ブルーベリー、黒豆
・イソフラボン
大豆(納豆、豆腐)
・カテキン
リンゴ、緑茶
・ケルセチン
玉ねぎ、レタス、ブロッコリー
・ルチン
蕎麦
・クロロゲン酸
コーヒー、なす
・エラグ酸
イチゴ、ラズベリー、ザクロ
・セサミン
ゴマ
・クルクミン
ウコン、カレー粉、しょうが
・リコピン
トマト、スイカ
・ルテイン
ほうれん草、トウモロコシ、broccoli
・カプサイシン
赤ピーマン、赤唐辛子
・フコキサンチン
海藻類

抗酸化物質をバランスよく撮ると身体のさびつき、つまり老化を防ぐ効果があり、美肌効果も期待できるのです。田舎 空き家 火災保険

肌荒れの原因は小麦粉?

グルテンフリーという言葉を聞いたことがありますか?
いま健康志向の高い人やプロアスリートたち尾がこぞって実践している健康法です。

このグルテンとは小麦粉や大麦や多む具に含まれているたんぱく質のことです。
グルテンフリーとはこのグルテンをとらずにコメや魚b、肉、くいだものを中心とした食生活を実践する食生活です。

グルテン不耐症という体質がってこれは10人に1人程度いるといわれています。
なにをしても肌荒れが改善しないという方は一度このグルテン不耐症うぃ疑ってみてもいいかもしれません。
このグルテン不耐症はグルテンを摂取後一定時間経過すると体に異変が生じます。

パン、うどん、p@アスタ、ラーメンなどに含まれるグルテンが腸の炎症を引き起こすのです。
これが原因不明の肌荒れのこともあるのです。
お腹にガスが溜まる
便プ・下痢を繰り返す
小麦粉を含む食事の後に疲労を感じる
そんな場合はグルテン不耐症かもしれませんよ。

ぜひ1週間程度でいいのでパンやパスタ、うどんやラーメン そんな小麦粉や麦類を断ってみてはいかがでしょうか?
ただ小麦粉や麦類は様々な食品に使われているのでそれらを摂らないようにするのは簡単ではありません。
グルテンフリーの生活は意外と大変なのです。
たとえば肉の塊?と思うハンバーグでさえ小麦粉は使われています。
ビールも麦類が原材料です。
食べる時にその食品に小麦粉や麦類が使われていないか考えてから食べる硫黄にしてください。

アメリカではグルテン不耐症でなくても、小麦粉は長年にわたって遺伝子操作された小麦が使わえrているので。グルテンフリー食品もたくさん販売されています。
そのせいか、最近では日本でもグルテンフリーの食品がたくさん出てきました。
原因不明の肌荒れや体調不良がある方はこのグルテンフリーの生活を一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?
小麦粉や麦類を除く食品を探すことは大変ですが、それもたった1週間程度のチャレンジですから頑張ってみましょう。
それで、グルテンが原因と分かってから本格的に続ければいいだけなんですからね。
布団 クリーニング 宅配

メラニン色素を作らせない「紫外線対策」

まだまだ日焼け止めを手放せない女性も多いのではないでしょうか?
それはやっぱり「紫外線」が気になるのが理由ですよね。
今はお化粧をする年代だけではなく、赤ちゃんにまで紫外線対策をするお母さんたちもいるくらいです。

紫外線がお肌の表皮に届くと、その表皮の基底層にある色素細胞(メラノサイト)が刺激を受けます。
その刺激からメラニン色素が生成されメラニン顆粒を表皮細胞に逆に返していくのです。
この表皮細胞は角化細胞とも呼ばれ、色素細胞が作ったメラニンを受け取って、自分自身は順番に生まれかわっていくので「基底層」⇒「有棘層」⇒「顆粒層」へと表面に上がっていき、最後は死んで垢となり体外へと去っていきます。
メラニン色素というおは日焼けやシミというイメージが強いですが、実はこれは表皮細胞のDNAを守るために正常な人間の機能なのです。
メラニン色素が生成されてもお肌の新陳代謝が正常に行われていけば何も問題あありませんから心配する必要はありません。
通常の日常生活で生成される程度のメラニン色素はごく自然に「垢」となって体外へと排出されるのですからね。

しかし、長時間大量に日光(紫外線)を浴び続けていたりするとメラニン色素が過剰に作られてしまい、通常の新陳代謝による体外への排出が追い付かなくなるのです。
これが「クスミ」「シミ」へと変化していくのです。
長時間にわたって日光(紫外線)を浴びていると、紫外線から自分の肌を守ろうと角層が厚くなり、これがお肌のごわつきや感想を招く原因でもあるのです。

■紫外線対策の「日焼け止め」の使い方に注意
紫外線の中にはお肌の奥深くまで届いてしまうA波というものがあります。
これは「光老化」ともいわれ、太陽の光による老化です。
このお肌の奥ふっかう(真皮)が紫外線によって傷つくられると
・コラーゲン細胞が断裂
・硬く不良のエラスチンの増加
がおこり「たるみ」「しわ」の原因となります。

これらの紫外線からお肌を守るのに有効なのが「日焼け止め」区リムや化粧品だなどです。
ただこの日焼け止めには「界面活性剤」が使われています。
また、特に遮光効果を強くするために紫外線吸収剤にはお肌に強い刺激があります。

■ 日焼け止めクリームや化粧品よりもUVカッとの帽子や日傘が良い
サブ的に使うのであれば日焼け止めクリームや化粧品も良いですが、やはりお肌のこと青考えたら
日傘
帽子
などのほうが良いことも知っておいてくださいね。
ロレックス 放置 止まる