その日にお金を借りたいときはどうしたらいい?

どうしても即日に借り入れを行いたい場合、どこへ行けばお金を借りることができるのでしょう。また借り入れを際には何を持っていけばいいのでしょうか。初めて借り入れを行う際は分からないことだらけで困ってしまうこともあるかと思います。
しかし、心配することはありません。たとえ即日であっても借り入れを行うことのできる金融機関は数多くありますし、必要なものも多くはありません。まずは即日の借り入れが可能な金融機関から見ていきましょう。
即日融資が可能な金融機関には銀行や消費者金融があります。銀行は固いイメージで審査も厳しそうですが、審査に通過すれば即日で融資を行ってくれるところもあります。審査もそこまで厳しい基準はなく、定期的な収入があり、返済能力があるとみなされれば問題なく通過できます。
さらに即日融資が可能な金融機関として有名なのは消費者金融です。大手消費者金融であればほとんどのところが即日融資に対応しています。審査も1時間以内と短いので申し込みから借り入れまでがスピーディーに行えます。
銀行でも消費者金融でも借り入れの際に必要になるものは身分証明証だけです。ただしある程度高額の借り入れを行いたいときは収入証明書が必要になります。初回の借り入れで借りることのできる限度額はそんなに多くないので、あくまで即日融資は緊急のときの応急処置と考えておいたほうがよいでしょう。また専業主婦など収入のない方は「総量規制」の対象となるため消費者金融に申し込むことはできないので注意してください。

初めての人は知っておきたい 即日キャッシングの流れ

急にお金が必要になったときに便利なのが「即日キャッシング」です。即日キャッシングとは、カードローンなどのキャッシングを申し込んだその日にお金を借りることができるサービスを指します。事前にカードローンやクレジットカードを作っていれば、その限度額内のキャッシングを利用すれば済むわけですが、カードを今まで作っていなかった方や限度額内では必要なお金に足りないという方向けのキャッシングです。

即日キャッシングを利用するためにはまず即日キャッシングを行っているキャッシング業者に申し込みを行います。最近では店舗に行かなくてもインターネットで申し込みができる業者が増えているので家にいるときや職場の休憩時間などでも手軽に申し込むことができます。

申し込みを受けたキャッシング業者は審査を行います。その審査に必要な書類が「本人確認書類」と「収入証明書類」です。本人確認書類は、運転免許証やパスポートなど写真付きの公的証明書であれば一枚ですみますが、健康保険証などの写真のないものはもう一つ公的な書類を添付する必要があるので注意が必要です。収入証明書類は源泉徴収票や役所で取得できる所得証明書です。尚、借入金額が50万円以下であれば収入証明書類は不要なことが多いです。

審査に合格すれば、その知らせが来ます。そして、借り入れたお金が振り込まれるか、お店でお金を受け取ると即日キャッシング成功です。カードは後日郵送されることが多いようです。

消費者金融で即日キャッシングを受ける時の注意点

キャッシングをする時は銀行のカードローンか消費者金融を利用する事になりますが、即日キャッシングをする場合は消費者金融を利用するのが基本です。銀行のカードローンは審査が厳しい傾向にあるので融資まで数日かかってしまうのが現状です。しかし消費者金融は審査が即日回答なので可決されれば即日キャッシングをする事が出来ます。

消費者金融に申し込む時は最初に個人情報や勤務先情報など審査に必要な情報を申告しますが、間違えた情報を申告してしまうと審査で引っかかってしまい時間がかかってしまう事もあります。場合によっては融資を受けられるのが翌日以降となってしまう可能性もあるので注意が必要です。

消費者金融に申し込む時に本人確認書類の提出も必要になってきます。運転免許証、健康保険証、パスポートが適用されるのでどれかを提出すればいいのですが、運転免許証を提出すると車を運転出来る人という事が証明されるので業者に信用されやすくなると言われています。審査も可決される可能性があるので即日キャッシングを希望する時は運転免許証を提出するといいでしょう。

消費者金融で即日キャッシングを受ける時の注意点はこのようにありますが、基本的に普通に申し込めば審査が可決されて即日キャッシング出来るので落ち着いて手続きをしましょう。