人間の身体も酸化するからケアが大切

カットされたリンゴがすぐに茶色く変色するの稟議に含まれる物質が酸素と結びついて起きる現象、つまり酸化です。
人間の身体も同じ「参加」、つまり「廊下」へとつながる「サビ」が生じるのです。
私たちは酸素を吸い、二酸化炭素を吐く呼吸をしていないと生きてはいけません。
っしかし、三子は体にとって有害にもなるのです。
酸素はもともと不安定な分子で、体内に入るとわずかではありますが細胞に有害な活性酸素に変化してしまいます。
本来ならば細胞内に侵入したウィルスや最近から守ってくれるのもこの活性酸素なのですが、増えすぎると健康な細胞まで攻撃してしまうのです。
その結果、身体がさびてくる?
ということになるのです。

活性酸素が増える原因としては
・紫外線
・喫煙
・ストレス
などがありますが
・過度な運動
・過度な飲酒
・食品添加物
・農薬
・電磁波
などでも体内に生まれると言われています。
そこでこの活性酸素から身体を守ってくれるのが『抗酸化物質』なんです。
この抗酸化物質によって身体のさび付きを防ぐことが出来ます。
しいてはお肌の美肌効果もあるのです。
抗酸化物質はビオミン類
つまり植物が紫外線や害虫から身を守るために作り出す物質であるポリフェノール(フラボノイド・非フラボノイド)やカロテノイドに分けられます。
どんな食べ物に抗酸化物質が含まれているのか?というと
・ビタミンE
かぼちゃ、ほうれん草、アーモンド
・ビタミンC
ブロッコリー、小松菜、かんきつ類b
・βカロチン
緑黄色野菜
・アントシニアン
赤ワイン、ブルーベリー、黒豆
・イソフラボン
大豆(納豆、豆腐)
・カテキン
リンゴ、緑茶
・ケルセチン
玉ねぎ、レタス、ブロッコリー
・ルチン
蕎麦
・クロロゲン酸
コーヒー、なす
・エラグ酸
イチゴ、ラズベリー、ザクロ
・セサミン
ゴマ
・クルクミン
ウコン、カレー粉、しょうが
・リコピン
トマト、スイカ
・ルテイン
ほうれん草、トウモロコシ、broccoli
・カプサイシン
赤ピーマン、赤唐辛子
・フコキサンチン
海藻類

抗酸化物質をバランスよく撮ると身体のさびつき、つまり老化を防ぐ効果があり、美肌効果も期待できるのです。田舎 空き家 火災保険

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です