メラニン色素を作らせない「紫外線対策」

まだまだ日焼け止めを手放せない女性も多いのではないでしょうか?
それはやっぱり「紫外線」が気になるのが理由ですよね。
今はお化粧をする年代だけではなく、赤ちゃんにまで紫外線対策をするお母さんたちもいるくらいです。

紫外線がお肌の表皮に届くと、その表皮の基底層にある色素細胞(メラノサイト)が刺激を受けます。
その刺激からメラニン色素が生成されメラニン顆粒を表皮細胞に逆に返していくのです。
この表皮細胞は角化細胞とも呼ばれ、色素細胞が作ったメラニンを受け取って、自分自身は順番に生まれかわっていくので「基底層」⇒「有棘層」⇒「顆粒層」へと表面に上がっていき、最後は死んで垢となり体外へと去っていきます。
メラニン色素というおは日焼けやシミというイメージが強いですが、実はこれは表皮細胞のDNAを守るために正常な人間の機能なのです。
メラニン色素が生成されてもお肌の新陳代謝が正常に行われていけば何も問題あありませんから心配する必要はありません。
通常の日常生活で生成される程度のメラニン色素はごく自然に「垢」となって体外へと排出されるのですからね。

しかし、長時間大量に日光(紫外線)を浴び続けていたりするとメラニン色素が過剰に作られてしまい、通常の新陳代謝による体外への排出が追い付かなくなるのです。
これが「クスミ」「シミ」へと変化していくのです。
長時間にわたって日光(紫外線)を浴びていると、紫外線から自分の肌を守ろうと角層が厚くなり、これがお肌のごわつきや感想を招く原因でもあるのです。

■紫外線対策の「日焼け止め」の使い方に注意
紫外線の中にはお肌の奥深くまで届いてしまうA波というものがあります。
これは「光老化」ともいわれ、太陽の光による老化です。
このお肌の奥ふっかう(真皮)が紫外線によって傷つくられると
・コラーゲン細胞が断裂
・硬く不良のエラスチンの増加
がおこり「たるみ」「しわ」の原因となります。

これらの紫外線からお肌を守るのに有効なのが「日焼け止め」区リムや化粧品だなどです。
ただこの日焼け止めには「界面活性剤」が使われています。
また、特に遮光効果を強くするために紫外線吸収剤にはお肌に強い刺激があります。

■ 日焼け止めクリームや化粧品よりもUVカッとの帽子や日傘が良い
サブ的に使うのであれば日焼け止めクリームや化粧品も良いですが、やはりお肌のこと青考えたら
日傘
帽子
などのほうが良いことも知っておいてくださいね。
ロレックス 放置 止まる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です